パートを選ぶ時に気をつけたいポイント

パートタイマーは短時間の契約で仕事をする人を指す言葉です。

職場の人手の足りない時間を補うパート

パートを選ぶ時に気をつけたいポイント パートタイマーは短時間の契約で仕事をする人を指す言葉です。同じようにアルバイトも短時間労働の人を指します。特に大きく違いがあるわけではなく一般的に他に本業がある人(学生など)をアルバイト、主婦など他に就業はしていない短時間労働者をパートと呼ぶことが多いようです。パートは短時間しか働けないけれど人手の足りないところをカバー出来ます。お店などの場合込み合う時間は決まってきます。お弁当屋やパン屋などは主にお昼時が混みあいますしスーパーなどは夕方から人の入りが多くなります。忙しくなった仕事をスムーズに回すためにパート職員の力が必要になります。人手の欲しい時間だけ働いてほしい職場と、手の開いている時間だけ働きたいパート職員の要望が合致しています。

パートの求人は多く出ています。正社員として雇うのは大変だけれど人手は欲しいからです。パートで働きたいと思った場合、沢山の求人情報から自分に合った職種を探します。そして自分の働ける時間を伝えて面接という流れになります。面接は業種にもよりますが比較的きちんとした格好をしていればスーツである必要はありません。ただし固い仕事の面接はスーツが良いと思います。職場の条件と自分の希望の折り合いがついたら働くことになります。求人を吟味し自分の希望に合った職場を見つけることが大切です。自分が納得して働けば職場でも活き活きと活躍できます。


Copyright(c) 2019 パートを選ぶ時に気をつけたいポイント All Rights Reserved.